ペニスの黒さは性欲の強さ

男性の方は気付いていると思いますが人によってペニスの色が
様々ですよね。色黒の人もいれば青白い人もいますが、
実はペニスの色を見ればその人の性欲が分かってしまうのです。
女性はこの方法を知っていれば彼氏の性欲がどれぐらいなのか知る事ができます。
まずペニスが黒い男性。
このタイプは間違いなく性欲が強いです。
ペニスが黒くなる理由として様々な仮説がありますよね。
例えばセックスのし過ぎで黒くなる、摩擦が原因で黒くなるといった話を
聞いたことはありませんか?
あくまで仮説なので科学的根拠は何もないですが
ペニスが黒い男性は性欲が強いと言い切る事ができるのです。
そもそも肌を黒くする原因となるのはメラニン色素です。
メラニン色素と言うのは肌を保護する際に分泌される物質です。
よく授乳している女性の乳首が黒くなる事がありますが、
それは赤ちゃんに毎日乳首を吸われることによって
メラニン色素が働き乳首を保護しようとするのです。
ペニスや乳首に限った話ではなく、肌は外的、内的刺激を受ける事で
黒く染まっていきます。
つまりペニスが黒い男性はセックスやオナニーによる刺激を多く受けているので
ペニスの色が黒くなっているのです。

ペニスが青白い男性は注意

男性の中にはペニスが赤くなっている人もいますが、
これは若い男性によくみられます。
ペニスが黒い男性に比べてセックスやオナニーの回数が少ないのが原因とされています。
そのため性欲の強さを判断するのは非常に難しいといえます。
ただ、男性の性欲の強さは男性ホルモンの中でもテストステロンの分泌量が関係していると
いわれています。この値が多い男性ほど性欲が強くなります。
ペニスが赤い男性は性欲が強くない場合が多いですが、血行が良く
健康的な証拠でもあります。
ペニスの色が紫色に近い男性もいますが、
こういった男性は性欲が弱いといえるでしょう。
紫色になる原因としてペニスの血管が収縮している可能性があります。
男性はストレスを抱えると男性ホルモンが減少します。
そしてテストステロンの分泌が減少して性欲が弱まっていきます。
したがってペニスが紫色の男性は性欲が弱いとされています。
さらにペニスの色が紫よりも青白いという人は最も性欲が弱いです。
これはペニスの血液中に含まれている赤血球が少ない状態で
いわゆる貧血状態を指しています。
そのため根本的に体力面に不安がある傾向が強いです。
セックスやオナニーをしている回数が少ないので
メラニン色素が分泌される事もありません。
もし絶倫の男性とセックスをしたいのならば
ペニスの黒さで判断するのも一つの方法ですね。